meta name="author" content="Waseda Women's Volleyball"

早稲田大学女子バレーボール部ブログ

早稲田大学女子バレーボール部の公式ブログです。近況、試合情報、戦評、部員の普段は見られない一面も…⁉︎

秋季リーグ3日目*試合結果

 こんばんは!


 今日は秋季リーグ3戦目、都留文科大学と対戦しました!


途中でメンバー変更もあったなか勝ちきることができましたが、まだまだ課題も多くあります。

 明日の試合も気合を引き締めて臨みたいと思います!


 以下、facebookにもアップしております戦評になります。

 是非、ご覧ください!

【戦評】

試合結果

秋季関東大学女子2部バレーボールリーグ戦 3日目

大東文化大学 東松山キャンパス

Aコート第2試合

早稲田大学 3-1  都留文科大学

(21-25,25-15,25-11,26-24)


秋季リーグ第3戦の相手は都留文科大学でした。

相手に合わせず、自らのペースで試合を行うことを意識して試合に臨みました。


先週のいい流れをつないでいきたい第1セット、#12井上(スポ2)と#11植松(文構2)がスパイクを決め、早稲田のブレイクが続き8-3と良いスタートをきります。しかし中盤で相手のサーブポイントから流れを奪われ6連続失点とし、12-14と逆転を許します。#19橋本(社1)のツーアタックが決まり、追いつきたいところでしたが最後にも連続でスパイクを決められ21-25でこのセットを落とします。


調子を上げていきたい第2セット、このセットからスターティングメンバーで入った#5富澤(スポ3)の強烈なスパイクや#18齋藤(社1)の強弱ついた攻撃で10-6と頭一つ飛び出します。中盤では#5富澤(スポ3)の活躍で21-10と差を広げていきます。最後まで早稲田の勢いは止まらずこのセットを25-15で取ります。


攻めていきたい第3セット、序盤から#5富澤(スポ3)の鋭い攻撃は決まり続け8-2と大幅にリードします。その後も#11植松(文構2)のコースをついたアタックや#18齋藤(社1)のブロックが冴え渡り、17-10とします。気を引き締めていきたい終盤、#19橋本(社1)のサービスエースから6連続でポイントを奪い、25-11でこのセットも取ります。


気を抜かずにいきたい第4セット、自らのミスや相手の多彩な攻撃から9-11と出遅れます。中盤も両者一進一退の攻防が続きますが、後半#5富澤(スポ3)のブロックポイントから#1森(スポ4)が怒涛の3連続ポイントを決め24-22と逆転に成功します。そのままいきたいところでしたが相手の素早い攻撃に守備を崩され、24-24と追いつかれます。しかし#1森(スポ4)のスパイクで逃げ切り、このセットを26-24で取り、セットカウント3-1で勝利となります。


今日の試合は出場したメンバー全員が攻撃に絡む活躍をみせた反面、サーブミスなど自らのミスが多く、流れを上手く掴むことのできない場面が多くありました。

 明日の試合も、序盤から自らの流れを作ることを意識して臨みたいと思います。

 今後とも早稲田大学女子バレーボール部の応援を宜しくお願いいたします。

 

【明日の試合について】

9/23(日)

大東文化大学 東松山キャンパス

Aコート 第2試合

12時半ごろ~

vs

敬愛大学