meta name="author" content="Waseda Women's Volleyball"

早稲田大学女子バレーボール部ブログ

早稲田大学女子バレーボール部の公式ブログです。近況、試合情報、戦評、部員の普段は見られない一面も…⁉︎

春季リーグ1部2部入替戦*試合結果

 こんにちは!

 

昨日は、春季リーグ1部2部入替戦、1部残留をかけて、桜美林大学と対戦しました。


 結果は、大変悔しい結果ではありますが、2部降格となりました。

 まずはこの結果を受け止め、この悔しさを今後も忘れることなく、練習に励んでいきたいと思います。

 

 今後とも、私たち女子バレーボール部の応援をよろしくお願いします!


 以下、Facebookでもアップしております、戦評になります。

 是非、ご覧ください。


【戦評】

試合結果

春季関東大学女子バレーボールリーグ戦 12部入替戦

駒澤大学 玉川キャンパス

2試合

早稲田大学 2-3 桜美林大学

(24-26,25-22,25-23,22-25,15-17)


 本日は、1部残留をかけ、桜美林大学と対戦致しました。

 自分たちの粘りのバレーをすることを意識して、この試合に臨みました。


  勢いをつけたい1セット目、序盤はお互い譲らずポイントをとってはとられる展開となります。7-7の場面で#5富澤(スポ3)の連続スパイクポイントなどで10-7と離しますが、相手が負けじと多彩な攻撃で反撃し、同点に追いつかれます。しかし、#1森(スポ4)の強気なスパイクでリードを奪い、ピンチサーバー#15梨本(社2)も攻めるサーブを打ち、先にセットポイントを取ります。ところがその後相手の粘りのプレーに圧倒され、連続失点を許すと、そのまま24-26でこのセットを落とします。


取り返したい2セット目、序盤、リベロ#13河治(社2)の固い守りからセッター#11植松(文構2)がアタッカーを生かす幅広いコンビを組み立て、点を重ねます。自分たちのミスなどで8-11と離されますが、それでも#18齋藤(社1)の鋭いコースをついたスパイクなどで悪い流れを切ると、12-12と追い付きます。その後一進一退の展開になりますが、#1森(スポ4)、#5富澤(スポ3)を中心に気迫のこもった攻撃を重ね、25-22でこのセットを取ります。


前セットの流れに乗っていきたい第3セット、#18齋藤(社1)の連続ブロックポイントから始まり#5富澤(スポ3)と#1森(スポ4)の強烈なスパイクで6-1と突き放します。中盤から終盤にかけても早稲田がリードを許さず、#10吉内(スポ2)の渾身のスパイクも決まりこのセットを25-23でとります。


一気に勝利が近づいてきた第4セット、序盤から#5富澤(スポ3)のサービスエース7-5とリードします。中盤、相手のコースをついた攻撃で13-13と拮抗した戦いとなります。その後、#18齋藤(社1)と#1森(スポ4)の連続スパイクポイントで必死に相手に食らいつきます。しかし終盤、相手にブロックポイントとスパイクポイントを許し、25-22でこのセットを落とします。


窮地に立たされた第5セット、#19橋本(社1)の多彩なトスワークに#1森(スポ4)がスパイクで応え8-7とリードし、コートチェンジを迎えます。しかし相手の鋭いスパイクが2連続で決まり10-12と逆転を許します。ここから#5富澤(スポ3)の力強いスパイク、#1森(スポ4)のダイレクトアタックで連続得点とし13-13と追いつきます。#13河治(社2)のレシーブも光り、早稲田らしい粘りのバレーを見せますが、最後は相手にスパイクを決められ15-17でこのセットを落とし、セットカウント2-3で敗戦となります。


 この結果により、2部降格が決定致しました。

この試合に向けて、絶対にボールを落とさないという約束を徹底し練習をしてきました。

しかし、結果は大変悔しいものとなりました。まずはこの結果を真摯に受け止め、今日の悔しさを忘れることなく、今後の試合に向けて練習に励みたいと思います。



 本リーグ期間中は、お忙しい中会場まで応援に足を運んで頂いた皆様、連日練習のお手伝いをしてくださったOBOG関係者の方々、その他にも多くの方々からのお支えを力にして、戦い抜くことができました。改めて心より感謝申し上げます。


 今後とも、早稲田大学女子バレーボール部の応援を宜しくお願い致します。