meta name="author" content="Waseda Women's Volleyball"

早稲田大学女子バレーボール部ブログ

早稲田大学女子バレーボール部の公式ブログです。近況、試合情報、戦評、部員の普段は見られない一面も…⁉︎

春季リーグ8日目*試合情報

 こんばんは!

本日は、松蔭大学と対戦しました。


 相手の高さに苦しめられただけでなく、自分たちの流れを自らのミスで切ってしまうという場面が多く、結果は大変悔しいものとなりました。

 春季リーグも残り3戦となり、未だ苦しい戦いが続いていますが、全員で残りの試合を戦っていきたいと思います。


 今後とも、私たち早稲田大学女子バレーボール部の応援をよろしくお願いします!


以下、Facebookでもアップしております戦評になります。

 是非、ご覧ください!

【戦評】

試合結果

春季関東大学女子1部バレーボールリーグ戦 8日目

青山学院大学 相模原体育館

Bコート第1試合

早稲田大学 0-3 松蔭大学

(13-25,19-25,19-25)


春季リーグも残すところ4戦となり、第8戦である今日は松蔭大学との対戦でした。


勢いをつけていきたい第1セット序盤、自陣のミスが重なり1-8と離されます。#5富澤(スポ3)の突き刺さるようなスパイクや#19橋本(社1)のサーブで崩したところに#1森(スポ4)の正確なダイレクトアタックが決まり、反撃の波に乗りたいところでしたが、度重なるミスと出だしの連続失点が響き13-25でこのセットを落とします。


切り替えて臨みたい第2セット、1点目を取りますが、またも連続してミスが出てしまい1-7と離されます。#13河治(社2)の粘りのレシーブで必死に差を詰めようとしますが、相手の多彩な攻撃で流れを取られ4-16とより離されます。しかし#5富澤(スポ2)のブロックポイントを皮切りに#10吉内(スポ2)の攻めたサーブが決まり、4連続で得点を決めます。この連続得点で流れを掴み、セッター#11植松(文構2)の意表を突いた攻撃や#1森(スポ4)の強烈なバックアタック17-19と一気に差を詰めます。#18齋藤(社1)のキレのあるスパイクも決まり、最後まで行きたいところでしたが、最後は相手に3連続でスパイクを決められ19-25とあと一歩のところでこのセットを落とします。


前セットに引き続き盛り上がっていきたい第3セット、序盤から相手に取られたら#5富澤(スポ2)がスパイクで取り返す、そのようなゲーム展開となります。相手の速攻など早い攻撃に#12井上(スポ2)が必死で食らいつきますが、スピードについていけず連続失点を許し5-9と離されます。#18齋藤(社1)の一人時間差など技のある攻撃やピンチサーバー#15梨本(社2)のチームを盛り上げる声、#7利根川(スポ2)の全力のレシーブで相手を翻弄しますが、4点の差が埋められず、最後は相手にスパイクを決められ、このセットを19-25で落としセットカウント0-3で敗戦となります。


 本日の試合では、この2週間練習してきたサーブやブロックフォローといった課題に対して成果が見られた反面、自分たちにとって良い流れを、自らのミスで切ってしまうという反省が各セットでありました。

 春季リーグも残すところ3戦となり、未だ勝ち星を得られていませんが、今日の課題を忘れず、前を向いて全員で明日の試合も戦っていきたいと思います。

今後とも温かいご声援をどうぞよろしくお願いいたします。


【明日の試合について】

513日(日)

青山学院大学 相模原体育館

Aコート第2試合

vs.

国士舘大学

12時半頃から