meta name="author" content="Waseda Women's Volleyball"

早稲田大学女子バレーボール部ブログ

早稲田大学女子バレーボール部の公式ブログです。近況、試合情報、戦評、部員の普段は見られない一面も…⁉︎

春季リーグ7日目*試合結果

 こんにちは!


 春季リーグも後半となり、本日は日本体育大学と対戦しました。


 結果は、悔しいものとなりましたが、昨日の反省を活かし、最後までボールを追いかける姿が多くみられました。

 次回の試合までの2週間、各自が自分の役割を果たすべく、気を引き締めて練習に励んでいきたいと思います。


 今後も、私たち早稲田大学女子バレーボール部の応援をよろしくお願いします!


以下、Facebookでもアップしております戦評になります。

 是非、ご覧ください。

【戦評】

試合結果

春季関東大学女子1部バレーボールリーグ戦 7日目

青山学院大学 記念館

Aコート第2試合

早稲田大学 0-3 日本体育大学

(11-25,21-25,18-25)


春季リーグも後半に突入し、第7戦は日本体育大学との一戦でした。


1セット序盤、自分たちのミスもあり、相手に5連続得点を許し2-8と離されます。しかし、#1森(スポ4)の鋭いスパイクを皮切りに点を重ねていきます。中盤には、今回の試合でスターティングメンバーに入った#10吉内(スポ2)の気迫のこもった攻撃で反撃しますが、8-15となかなか差を詰められません。リベロ#13河治(社2)の渾身のレシーブで粘りますが、序盤での連続失点が響き、最後まで差を詰められず11-25でこのセットを落とします。


取り返したい第2セット、#18齋藤(社1)のスピード感あるスパイクなどで点を取り、流れを引き込もうとしますが、相手の幅広い攻撃のパターンからブロックが上手く機能せず、5-9と離されます。中盤、流れを変えるために起用されたピンチサーバー#15梨本(社2)が盛り上げ、さらに#12井上(スポ2)のコースをついたスパイクなどで15-16と差を縮めます。そこから3連続失点を喫しましたが、全員が諦めず繋いだボールを#5富澤(スポ3)が力強いスパイクで決め、徐々に差を詰め18-19と白熱した試合展開となります。しかし、自分たちのサーブミスなどからずるずると相手に連続得点を許し、21-25でこのセットも落とします。


絶対に取りたい第3セット、序盤は#11植松(文構2)の多彩なトスワークで相手を撹乱させ6-6と拮抗した戦いになります。しかし、中盤には相手の粘り強いレシーブにより点が奪えず、反対に切り返され連続スパイクポイントを決められ11-20と大きく離されます。悪い流れを切るために投入されたセッター#19橋本(社1)の繰り広げるコンビから#1森(スポ4)、#10吉内(スポ2)の連続スパイクポイントで反撃し、相手を追い詰めますが、最後までリードを奪えず18-25でこのセットを落とし、セットカウント0-3で敗戦となります。


 本日の試合では、昨日の反省を活かして、1点に喜び悔しがるという姿勢をみせること、最後までボールを追いかけるという基礎に戻ることを意識して、試合に臨みました。

 自らのサーブミスが多く流れに乗れず、結果は非常に悔しいものとなりましたが、粘りの点では徐々に早稲田らしい良さが見えてきたと思います。

  次回の試合は2週間後ということで、今までの試合で得た反省をもとに、部員一同、より一層気を引き締めて練習に取り組んでいきたいと思います。

 今後とも温かいご声援をどうぞよろしくお願いいたします。


【次回の試合について】

512日(土)

青山学院大学 相模原体育館

Bコート第1試合

vs.

松蔭大学

11時から

*次週は試合がありません。ご注意下さい。