meta name="author" content="Waseda Women's Volleyball"
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早稲田大学女子バレーボール部ブログ

早稲田大学女子バレーボール部の公式ブログです。近況、試合情報、戦評、部員の普段は見られない一面も…⁉︎

私がバレーを続けた理由 —全カレ初戦まであと23日!—

2016全カレ カウントダウン

こんばんは。
本日のブログを担当します#12 みや(政経2年)です!

 

全カレ初戦までのカウントダウンに添えて、部員一人ずつ自由に記事を書かせて頂きますので、どうぞお付き合い下さい。

 

私が中1からバレーボールを始めたきっかけは、呆れるほど単純です。それは小学生の頃、恋のライバル(笑)であり憧れの存在だった、ある友達の『中学ではバレー部に入るんだ!』という一言でした。

 

「なら私もやる!」

そんな軽いきっかけで私はバレーを始め、強豪でもない学校でしたが中高6年間部活を続けました。大学入学当初は体育会なんて恐れ多く、正直自分がバレーを続けるなどとは考えていませんでした。

 

私には、大学から新しいスポーツを始めようと初心者ながらある部活に入った友達がいます。どんな大学生活を送るかには様々な選択肢がありますが、その中でもより真剣で厳しい道を自らのために選んだ友達です。私がまだ部に入っていなかった頃、初心者ならではの辛さ、悩み、喜び、彼女から部活についての話を聞くたび、どんなこともキラキラして見えて羨ましくて羨ましくて…。ありきたりな表現ですが、『頑張る人は光っている』そう感じたのです。

 

「私もやる!」人生で二度目です。笑

一度はバレーを続ける道を断念した私でしたが、結局は勝負にこだわるシビアな世界の魅力から抜け出せず、入部を決めました。上手くなりたい気持ち、劣等感、自分の存在意義…ごちゃごちゃと考えながら、けれどやるからにはチームの役に立ちたいと、今日も私はバレーボールをしています。周りの人たちからたくさんのきっかけや刺激をもらって、そしてなにより支えてもらって今の自分があります。日々感謝しています。

 

そう、「感謝」!!

これは今年度のスローガンです。このスローガンを掲げた今年の四年生は六人六色、経歴も含め皆それぞれ個性的で、でもまとまりのある素敵な代です。そんな四年生の引退が少しでも遠ざかるように、私たち下級生は精一杯食らいついていきます!

 

さぁ、全カレ初戦まで、あと23日!!