meta name="author" content="Waseda Women's Volleyball"
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早稲田大学女子バレーボール部ブログ

早稲田大学女子バレーボール部の公式ブログです。近況、試合情報、戦評、部員の普段は見られない一面も…⁉︎

試合結果

みなさん、こんにちは。

 

昨日、開幕した関東大学女子1部春季バレーボールリーグ戦の試合結果をご報告致します。

(以下、早稲田大学女子女子バレーボール部FaceBookと同文)

 

試合結果

関東大学女子1部春季バレーボールリーグ戦 1日目
青山学院大学 渋谷キャンパス 記念館
早稲田大学 0-3 東海大学
(17-25,17-25,17-25)

【戦評】
2016年度春季リーグがいよいよ開幕しました。待ちに待った、今年の新チーム始動後初の公式戦です。そんな本日の対戦相手は、昨年の全日本インカレでの優勝チーム、東海大学でした。

第1セット目は両者慎重に一点ずつ取り合い、緊張の幕開けとなりました。その後相手の巧みなトス回しに翻弄され、5連続得点を許します。中盤は#11森(スポ2)や#平山(スポ4)のスパイクの連続得点、また#5及川(スポ4)や#8芹澤(スポ3)のブロックポイントでチームをぐっと盛り上げ、その点差を縮めようと奮闘します。しかし、初戦の緊張が解けずサーブミスが目立ち、序盤の遅れを取り戻せないまま17-25で1セット目を失います。

ようやく緊張もほぐれ、本来の動きを取り戻した第2セット目。高いブロックに阻まれて攻撃が思うように決まらず、序盤は1-4とリードされる展開となりますが、‪#4佐藤‬(文4)の鋭いサービスエースを含め4連続ポイントをマークし一気に追い上げます。その後ブロックをかわしながらのコンビバレーを繰り広げ、早稲田がリードを守りますが、なかなか相手の速い攻撃ペースにブロックが追い付かずコースを抜かれて失点を重ね、17-25でこのセットも落とします。

なんとか食らいついて行きたい第3セット目は、主将#2平山(スポ4)の意地のスパイクが光ります。序盤、相手のミスにも助けられ、シーソーゲームが展開されますが、際どいコースのスパイクがあと少しで決まらず6-11と徐々に点差が開きます。しかしその状況を打開するべくライトにトスが集められ、‪#2平山‬(スポ4)の巧妙な攻撃や ‪#11森‬(スポ2)の鋭いスパイク
で追い上げます。しかし、相手の圧倒的な攻撃の速さの前に一歩及ばず、1,2セット目同様17-25で3セット目を終え、セットカウント0-3で敗退となりました。

初戦黒星スタートとなりましたが、1部の舞台でチームの課題を再確認できたことなど前向きに結果を受け止め、次週の筑波戦を見据えて更に練習に励みたいと思います。
また、今期はピンチサーバー#3宇野(社4)を始め、‪#9浅野‬(文3)、‪#15富澤‬(スポ1)も度々起用され、その活躍にも注目です。

引き続きご声援の程、宜しくお願い致します。